柿剥きカンナと伊自良の文化を次の世代に。/梅田弘司さん


山県市伊自良地域の平井地区には、市の名産品にもなっている、伊自良大実柿(伊自良地域北部にしか存在しない岐阜県飛騨・美濃伝統野菜の一つ)という渋柿で作る連柿(干し柿)があります。連柿の材料の伊自良大実柿は、11月上旬から中旬ごろ収穫をむかえます。伊自良大実柿は小ぶりな柿で細長くずんぐりとしているので皮を剥く作業がとても大変。毎年、各農家が一晩で400~500個の皮を剥くというので、気が遠くなります。そんな渋柿の皮を剥く作業に欠かせないのが、小さな柿剥きカンナです。地元のみなさんが多く使うカンナがあると聞いて、カンナ作りの職人、梅田弘司さんを訪ねました。


カンナ作りを受け継いで



弘司さんがカンナづくりをはじめたのは2007年頃。以前は水栓バルブ発祥地である美山地域で、水栓の蛇口を鋳物から加工して旋盤加工できないところを研磨する仕事を40年ほどしていたそうです。


「父が平成元年に亡くなりましたが、亡くなる2~3年前までカンナを作っていました。そんなころは他の集落にも作る人がいて不自由はなかったのですが、その人も亡くなり作る人がいなくなってしまったので、家内から自宅で使うカンナを作ってほしいと頼まれて、残っていた父の道具を使って作ってみたのがはじまり。でも3年ほどはうまく作れなかった。」と弘司さんは当時を振り返ります。



幸い家にたくさんの道具が残っていたことと、子どもの頃から父親がカンナ作りの作業をする姿を見ていたので、弘司さんは試行錯誤しながら、カンナを作り続けたそうです。今では、弘司さんのもとへ、カンナ作りの技術を受け継ごうとする人たちが集まるようになりました。周囲の人の支えもあり、最近はなんとかカンナ作りの技術を残せていけそうかな、と弘司さんは感じているそうです。


伊自良の文化を次の世代へ


弘司さんの作る柿の皮むき用のカンナは、竹を細く割って1ケ月ほど乾燥させてから、刃を付けて作ります。生の竹はやわらかいのでカンナには向かず、また、先端に刃をつけるので乾燥しておかないと刃が外れてしまうためです。刃には柱時計に使われていたゼンマイをカットしたものをつかいます。ゼンマイは片刃で薄いので、使いやすいカンナに仕上がるそうです。


カンナの作り方としては、まず竹の端を刃物で削り、カンナをかけて表面をなめらかにして、先端に竹の横幅よりひとまわり小さな刃を取り付けます。刃の両脇の竹の部分を糸ノコギリで斜めに切り、形を整えます。最後に、手に持ちやすい長さに竹をカットし、ヤスリで角を滑らかにして出来上がりです。


現在弘司さんが作っているカンナは、年間100丁程です。柿をむく人の高齢化と、若い人があまり柿むきをしなくなってしまったこともあり、以前ほど数を作らなくなったそうです。最近では伊自良大実柿を広くみなさんに知ってもらおうという活動が広がり、カンナ作りや連柿作り体験のイベントが増えてきました。これからもカンナを残していける、と弘司さんはとても嬉しそうです。また、以前ナイフの専門雑誌の取材を受けたことがあり、弘司さんや隣の集落の人が作った柿剥き用カンナが紹介されたそうです。



弘司さんが作ったカンナを使って、地元のみなさんが丁寧に皮をむいた伊自良大実柿は、串に通されて横一列に3個、その3個から藁で縦に繋がれて10列の柿が並ぶ、山県の名産品へと姿を変えていきます。年に一度、家々がオレンジ色に染まる11月中旬ごろ、伊自良平井地区を訪れてみるのはいかがでしょうか。
甘ーい連柿は、12月のお楽しみです。

この記事が気に入ったらいいね!